『中古文学』への会員の投稿について

本会は主な事業の一つとして、機関誌「中古文学」を発行しています。「中古文学」は、当初年刊でしたが、第4号からは年2回の発行となり、発行時期は現在5月末と11月末とに定着しつつあります。

記事の内容は、春秋の大会シンポジウムの反映と、投稿論文の掲載を主な柱とし、常任委員から選出された編集委員により編集が行われます。

投稿論文については、編集委員会による審査に合格したものが掲載され、電子公開されます。投稿に関する詳細は「投稿規程」をご覧ください。不採用の場合にも、ほとんどの場合その理由が編集委員会から伝えられますので、今後の研究進展の好機になることが期待できます。

次号掲載論文の募集(会員対象)

掲載号(刊行予定日) 「中古文学」105号(2020年5月31日刊行予定)
投稿方法
  1. 事前に機関誌「中古文学」投稿規定をよくご確認ください。
  2. 下欄の投稿テンプレートをダウンロードのうえ、原稿を作成してください。
  3. 機関誌論文等投稿フォーム からご投稿ください。ただいま準備中
    フォームを利用されない場合は、下記までご郵送ください(締切消印有効)。

    〒466-8666 愛知県名古屋市昭和区八事本町101-2
    中京大学文学部日本文学科 勝亦志織研究室内
    中古文学会編集委員会宛

締切日 第1次締切 2019年9月27日(金)終了しました
第2次締切 2019年11月29日(金)終了しました
第3次締切 2020年1月27日(月)
注意
  1. 投稿は随時受け付けています。
  2. 原稿字数について、投稿規定に示された制限ページ数を超過したものは受理されません。
  3. 一太郎で原稿を作成される場合、投稿規定通りの字数・行数を設定してください。
    (下欄の投稿テンプレートを使用せずともかまいません)
投稿テンプレート 「中古文学」投稿テンプレート(docx)