本文へスキップ

お問い合わせはできるだけメールでお願いします。

大会

2018年度 春季 秋季
◇◇過去の大会情報◇◇


New!!

中古文学会 2018年度秋季大会(ノートルダム清心女子大学 10/20・21)

会場 ノートルダム清心女子大学 岡山市北区伊福町2-16-9(アクセス・キャンパスマップ

☆林原美術館特別展(中古文学会協賛)
 「王朝文学への憧れ ―歌・物語に染まる、もののあはれ―」展観(アクセス

☆ノートルダム清心女子大学附属図書館特殊文庫展観(中央棟七階 特殊文庫閲覧室)
  展観時間:10月20日(土)…10:00~17:30、21日(日)…10:00~15:30


10月20日(土) ノートルダム清心女子大学 カリタスホール 開場・受付開始 14:00
開会の辞(14:45~14:55) ノートルダム清心女子大学副学長 小嶋博巳
第十一回 中古文学会賞授賞式(14:55~15:15)
シンポジウム《古典をいかに「発信」するか―文学・文化・文化財―》(15:15~17:45)
趣意説明・司会 日本大学 久保木秀夫
広島大学 妹尾好信
報告1
文化財の研究と発信 就実大学 浅利尚民
報告2
書誌学的視点の可能性 天理大学附属天理図書館 岡嶌偉久子
報告3
和歌を「近づける」ための授業実践 京都女子大学 小山順子
休憩(16:35~16:55)
討議(16:55~17:45)
懇親会(18:30~20:30) サン・ピーチOKAYAMA 3階ピーチホール

10月21日(日) ノートルダム清心女子大学 カリタスホール 開場・受付開始 9:30

研究発表会・午前の部(10:00~12:00)
『源氏物語』若菜下巻住吉詣における和歌
―光源氏への返歌と独詠歌の詠者をめぐって―
大阪大学[院] 小林理正
柱に歌を書きつく薫 國學院大學[院] 髙倉明樹子
イニシヘ/ムカシの使い分けは上代から中古へどう継承されたか
―『古今集』『後撰集』『伊勢物語』『竹取物語』『土佐日記』を例に―
愛知教育大学 田口尚幸
休憩・昼食(12:00~13:10)
委員会(12:00~13:00)
研究発表会・午後の部(13:10~16:10)
「花散里」という呼称
―人物造型の方法としての呼称
東京女子大学[特任研究員] 鵜飼祐江
浮舟物語と『伊勢物語』の川 学習院大学[院] 竹田由花子
休憩(14:30~14:50)
藤壺物語 語りの構造 國學院大學 大津直子
『狭衣物語』異本系本文からの一考察
――巻二前半、狭衣・女二宮関連の独自異文より
東京女子大学 今井久代
臨時総会(16:20~16:50)
閉会の辞(16:50~17:00) 中古文学会代表委員 松岡智之

中古文学会 2018年度春季大会(日本大学 5/26・27)

会場 日本大学 東京都世田谷区桜上水3-25-40(アクセスキャンパスマップ
5月26日(土) 日本大学文理学部 本館地下 センターホール 開場・受付開始 12:30
開会の辞(13:00~13:10) 日本大学文理学部学部次長 谷聖一
大会企画ミニシンポジウム趣旨説明(13:10~13:25) 成蹊大学[非]・國學院大學[兼] 桜井宏徳
ミニシンポジウム1(13:25~15:05)
韻文と散文、和と漢の交通
テーマ説明・司会 愛知県立大学 久富木原玲
報告1
平安中期における私家集と作り物語との表現の重なりについてー『安法法師集』の用例を中心にー 宮城学院女子大学 古田正幸
報告2
女房が担う中古文学ー血縁関係を中心にー 聖徳大学 諸井彩子
報告3
〈余計なもの〉とどう向き合うかー『新撰万葉集』から東アジアの方へ 桐朋女子高等学校音楽科 西野入篤男
討議
休憩(15:05~15:45)
ミニシンポジウム2(15:45~17:25)
時空を越える中古文学ーその普遍性を探るー
テーマ説明・司会 筑紫女学園大学 須藤圭
報告1
物語の中世ー創造と注釈ー 岐阜大学 小川陽子
報告2
鏡面としての豊饒の海ー三島由紀夫と中古文学ー 学習院高等科 伊藤禎子
報告3
十九世紀フランスにおける和歌集の編纂ーレオン・ド・ロニーの実践ー 早稲田大学 常田槙子
討議
懇親会(18:00~20:00) 三号館一階 カフェテリアコスモス

5月27日(日) 日本大学文理学部 本館地下 センターホール 開場・受付開始 8:40

研究発表会・午前の部(9:00~12:00)
渤海国王大嵩璘からの「王啓」・「告喪啓」と敦煌書儀との関係 早稲田大学[院] 川村卓也
匡衡贈答歌群に見る赤染衛門の和歌
―女性と漢詩文受容―
鹿児島県立短期大学 木戸裕子
休憩(10:20~10:40)
『うつほ物語』におけるミ語法の和歌
―後撰時代歌人詠との関連―
日本大学 西山秀人
『伊勢物語』の解釈と挿絵
―住吉如慶筆「伊勢物語絵巻」を中心として―
大阪府立大学 青木賜鶴子
休憩・昼食(12:00~13:00)
委員会(12:00~13:00) 会場本館二階会議室A・B
研究発表会・午後の部(13:00~16:40)
『浜松中納言物語』にみる歌謡引用
童謡(ワザウタ)としての物語表現―
立正大学 山田貴文
小君というあわい
ー源氏物語伺候者論考ー
滋賀文教短期大学 池田大輔
藤壺宮と紫上の死後の語り
ー誄との関わりからー
流通経済大学教育学習支援センター 咲本英恵
休憩(15:00~15:20)
『源氏物語』頭中将の参議補任 大宮開成中・高校[非] 藤本千織
夕顔の袴の下紐
ー『源氏物語』「夕顔」巻における四十九日の法要をめぐってー
フェリス女学院大学 竹内正彦
総会(16:50~17:20)
閉会の辞(17:20~17:30) 中古文学会代表委員 松岡智之

図書展示 源氏物語展ー読む・描く・広がるー 5月26日・27日(大会開催時間内)文理学部図書館1階 日本大学文理学部資料館
(展示は、5月14日から6月9日まで行っています)

中古文学会事務局

〒112-8610
東京都文京区大塚2-1-1
お茶の水女子大学 文教育学部・松岡研究室内
中古文学会事務局
e-mail:こちらへ
Fax:03-5978-5208