本文へスキップ

お問い合わせはできるだけメールでお願いします。

機関誌(昇順)

創刊号 (1967/03/31)

  • 創刊に当って / 山岸徳平
  • 藤原道長 / 清水好子
  • 紫式部日記の文章 / 根来司
  • 岩国吉川家蔵源氏物語の親行奥書と素寂の周辺 / 稲賀敬二
  • 伝慈円筆本後撰和歌集考 / 杉谷寿郎
  • [資料翻刻]別本八重葎

第二号 (1968/03/31)

  • 和泉式部研究の問題点 / 清水文雄
  • 源氏物語における宗教的世界 ―横川僧都の消息の解釈― / 小野村洋子
  • 紫式部の初宮仕は寛弘三年十二月二十九日なるべし / 萩谷朴
  • 伊勢物語の歌の性格 ―古今集所収業平歌を含む段をめぐって― / 室伏信助
  • 曾禰好忠の特異性について / 藤岡忠美

第三号 (1969/03/31)

  • 沓をめぐっての伝承 ―伊勢物語六十五段を中心に― / 林田孝和
  • 「桂宮本『伊勢集』押紙」と『多武峰少将物語』 ―村上帝と高光との贈答歌をめぐって― / 新田孝子
  • 源氏物語蜻蛉巻後半の意義 ―主人公薫の矛盾の源泉― / 岩瀬法雲
  • 古本住吉物語の内容に関する臆説 / 石川徹
  • 紫式部の女房生活 / 増田繁夫
  • 周防内侍伝の周辺 ―『浜松中納言物語』の成立をめぐって― / 増渕勝一

第四号 (1969/10/31)

  • 行事と和歌(上) ―通過儀礼を中心として― / 橋本不美男
  • 元慶六年日本紀竟宴和歌 / 山口博
  • 延喜前後の漢詩人の方法 ―嶋田忠臣の場合― / 金原理
  • 桐壷巻の位置 ―源氏物語の原点をめぐって― / 伊藤博
  • 「死ぬ」およびその同意語T ―源氏物語を中心に― / 安藤亨子
  • 源経信と琵琶 ―胡琴教録を中心に― / 後藤祥子
  • 浜松中納言物語散佚部分の構想 / 伊井春樹
  • 堤中納言物語「よしなしごと」語彙考 / 土岐武治

第五号 (1970/03/31)

  • 伊勢御の出仕について / 原国人
  • 大和物語の成立に関する一試論 / 久保木哲夫
  • ゛さてや小宮は東宮におはせぬ゛ ―宇津保物語解釈の一作業例― / 原田芳起
  • 紫式部集補註 ―箏のことしばし― / 竹内美千代
  • 枕草子の類聚段について ―あさましきもの、いみじう心づきなきもの、とり所なきものの場合― /岸上慎二
  • 行事と和歌(下) ―暦年中行事を中心として― / 橋本不美男

第六号 (1970/09/30)

  • 「小倉山みねのもみぢ葉」詠歌年次考 ―延喜七年説を疑う― / 迫徹朗
  • 源氏物語の作者の方法 / 森一郎
  • 花散里序説 ―末摘花から花散里へ― / 上坂信男
  • 紫式部と道長との交情 ―『前紫式部日記』の存在を仮説して― / 萩谷朴
  • 日記文学と和歌表現 / 神尾暢子
  • 讃岐典侍日記の形成 / 宮崎荘平

第七号 (1971/03/30)

  • 「女絵」について / 玉上琢弥
  • 源氏物語の人物把握の一方法 ―匂宮の人間像を中心に― / 甲斐睦朗
  • 枕草子「あさましきもの」の本文批判 / 林和比古
  • 中古文における「まどふ」と「まよふ」 / 井上親雄
  • 紫明抄所引の後撰歌 / 八木意知男

第八号 (1971/09/30)

  • 古今集の成立と藤原時平 / 山口博
  • 古今集の掛詞をめぐって / 鈴木日出男
  • 紫上の登場をめぐって / 大朝雄二
  • 田安家蔵湖月抄の真淵書き入れ本について / 徳川元子
  • 無名草子の女性論 / 桑原博史

第九号 (1972/05/31)

  • 伊勢物語生成序説 ―八二段の再検討― / 市原愿
  • 古今六帖で読む源氏物語『若菜』 / 紫藤誠也
  • 玉鬘物語の構造についての試論 / 藤本勝義
  • 更級日記中の疑問 ―朱点箇所の解釈をめぐって― / 津本信博
  • 栄花物語の虚構とその特質 ―巻十二「玉の村菊」を例として― / 河北騰
  • 出張講義記 / 阿部秋生

第十号 (1972/11/30)

  • 属文の王卿 ―醍醐系皇統― / 後藤昭雄
  • 十一月の暁 ―前紫式部日記の復原― / 萩谷朴
  • 「紫式部日記の」に於ける「うつし心」についての検討 / 小谷野純一
  • 斎宮女御集論 ―構成と成立に関して― / 森本元子
  • 入水譚の系譜 ―「狭衣物語」を中心に― / 森下純昭

第十一号 (1973/05/30)

  • 小野岑守考 / 金原理
  • 大井河御幸に不参の忠岑 / 山口博
  • 敦道親王の結婚 / 森田兼吉
  • 源氏物語の成立過程 ―若紫末摘花巻を中心に― / 甲斐睦朗
  • 光源氏の実子 ―「御子三人」の問題― / 鷲山茂雄
  • 正徹の「源氏物語歌双紙」について ―その成立と内容の検討― / 伊井春樹

第十二号 (1973/11/30)

  • 和泉式部の仏教思想 ―家集の三つの連作歌から― / 岩瀬法雲
  • 帚木三帖における并びの巻の問題点 ―大朝雄二説への疑問再論― / 門前真一
  • 並びの巻続考 / 大朝雄二
  • 源氏物語夕顔の「かみのさがりばめざましくもとみ給ふ」をめぐって / 進藤義治
  • 解釈における誤差の修正 ―「かき乱るやうなれば」の言語的解釈をめぐって― / 原田芳起
  • 「伯母の話」の素材源 / 迫徹朗

第十三号 (1974/05/20)

  • 曽祢好忠集における伝統と創造 ―表現研究への試み― / 神作光一
  • 白河院の詩遊 ―済時をめぐる属文の卿相たち― / 後藤昭雄
  • 清少納言の兄弟戒秀の伝記について ―古記録を中心として― / 浜口俊裕
  • 鴛鴦のうきね(上) ―朝顔巻の光源氏夫妻― / 吉岡曠
  • 中村本『夜寝覚物語』にみる物語の変貌について ―但馬守三君大君の描写をめぐって― / 宮田光
  • 狭衣物語における場面設定 / 伊藤博

第十四号 (1974/10/25)

  • 伊勢物語六段の後注について / 市原愿
  • 大東急本「蜻蛉日記草稿」について ―萩原宗固の注釈態度を中心に― / 石原昭平
  • 鴛鴦のうきね(下) ―朝顔巻の光源氏夫妻― / 吉岡曠
  • 六条院創設 / 鈴木日出男
  • 仏教的「孝」の観念 ―「宇治十帖」をめぐって― / 山崎誠
  • 狭衣巻二における源氏夕顔巻の影響 / 土岐武治

第十五号 (1975/05/30)

  • 『大和物語』の登場人物をめぐって / 迫徹朗
  • 和泉式部日記における伊勢物語七一段の引歌をめぐって / 大倉比呂志
  • 和泉式部の愛の構造 / 岩瀬法雲
  • 『本朝麗藻』の世界(上) ―花の宴詩と贈心公古調詩― / 川口久雄
  • 末摘花の造型 ―おもへどもなほ飽かざりし― / 広川勝美
  • 花散里巻の方法 ―伊勢物語六十段の扱い方を中心に― / 三谷邦明
  • 「源氏物語古系図」と「巣守物語」の周辺(上) / 中田武司
  • 堀河百首の本文の伝承と成立事情 / 滝沢貞夫

第十六号 (1975/09/30)

  • 『本朝麗藻』の世界(下) ―花の宴詩と贈心公古調詩― / 川口久雄
  • 平安時代の聨句の史的展開 / 柳沢良一
  • 『平中物語』の成立年代下限 ―『古今和歌六帖』の歌物語観を手がかりに― / 仁平道明
  • 源氏物語青表紙本の本文について / 根来司
  • 「女君」について ―源氏物語の人物呼称の中から― / 田中恭子
  • 「源氏物語古系図」と「巣守物語」の周辺(下) / 中田武司
  • 「浦づたひ」攷 / 坂本和子
  • 「成尋阿闍梨母集」の内的本質 / 宮崎荘平

第十七号 (1976/05/30)

  • 竹取物語の文章構成 / 塚原鉄雄
  • 後撰集諸本の系統とその対立の誘因 / 杉谷寿郎
  • 「前渡り」について ―源氏物語まで― / 今井源衛
  • 浜松中納言物語の在唐巻 ―構想の変化について― / 菊池仁
  • 栄花物語の構想と技法 / 河北騰

第十八号 (1976/09/30)

  • 続浦島子伝記論 / 渡辺秀夫
  • 『大和物語』の「先帝」考 / 雨海博洋
  • 続詩歌和歌集恋部の配列構成 / 阿部方行
  • 源氏物語総角巻の「立ち留りがたげに」という語形をめぐって / 進藤義治
  • 源氏物語の草子地についての一視角 ―その方法的意義― / 池田和臣
  • 六条御息所の死霊をめぐる再検討 ―第二部における紫上と関連して― / 奥出文子
  • 少女巻の春秋論 / 針本正行
  • 源氏物語続篇のはじまりをめぐって / 大朝雄二

第十九号 (1977/05/30)

  • 『古今和歌集目録』と『三十六人歌仙伝』の先後 ―忠岑の伝記をめぐって― / 迫徹朗
  • 藤原成通とその家集 / 井上宗雄
  • 狭衣における「阿私仙」の典拠について / 土岐武治
  • 「伊勢集」物語的部分の性格 / 片桐洋一
  • 伝為相筆本伊勢物語の本文研究(T) ―為氏本との比較を中心に― / 柳田忠則
  • 表現解釈語史 / 原田芳起

第二十号 (1977/10/10)

  • 大和物語における源宗于の位置 / 岡部由文
  • 和泉式部の考え方 ―「入我我入について」― / 岩瀬法雲
  • 宇治十帖後半部悲劇の構造 / 森一郎
  • 源氏物語における「ゆかり」から他者の発見へ / 広田収
  • 源氏物語青表紙本の性格 ―新古今的表現美意識とのかかわりにおいて― / 沢田正子
  • 日記と家集の間 ―紫式部日記と紫式部集― / 原田敦子

第二十一号 (1978/04/25)

  • 漢風と国風 ―好色の否定と肯定― / 目加田さくを
  • 漢風の世界と国風の世界 ―『法華験記』をめぐって― / 大曽根章介
  • 谷の鴬歌と詩と ―<典拠>めぐって― / 渡辺秀夫
  • 源氏物語「六条院」の史的背景 / 西丸妙子
  • 大弐三位集成立試論 ―付東門院菊合前後の事など― / 河北靖
  • 『あま人』の成立と趣向 / 三角洋一

第二十二号 (1978/09/20)

  • 小町閨怨 / 山口博
  • うつぼ物語絵の絵解きについて / 川口久雄
  • 枕草子源氏物語の「らうらうじ」「りゃうりゃうじ」考 / 石川徹
  • 源氏物語の「桂の院」について / 田坂憲二
  • 物語研究における年立の意義について ―「源氏物語」の場合― / 平井仁子
  • 『栄華物語』における有国像の定着 / 川田康幸

第二十三号 (1979/04/25)

  • 紀長谷雄の「山家秋歌」をめぐって ―白詩亨受の一端― / 三木雅博
  • 竹取物語と中世竹取翁伝説 ―姫の結婚結婚と拒否の間― / 田口守
  • 伊勢物語の実在人物章段考 ―作者不詳歌章段の事実性について― / 井川健司
  • 蜻蛉日記の文体 / 根来司
  • 源氏物語「六条院」の変容 / 馬場婦久子
  • 源氏物語末摘花の卷の方法 / 中嶋朋恵

第二十四号 (1979101)

  • 人麿家集の成立と拾遺集 / 山崎節子
  • 近江君の位置と役割 ―源氏物語の神話構造から― / 阿部好臣
  • 「有明の別」成立年代試論 / 原田明美
  • 「和歌童蒙抄」について / 滝沢貞夫
  • 方違考 / 加納重文

第二十五号 (1980/04/25)

  • 勢語章段の鎖型構成 ―伊勢物語の第十七段― / 塚原鉄雄
  • 枕草子の表現構造 ―日ざしと宮仕え賛美と― / 三田村雅子
  • 光源氏像の定立過程 ―桐壷巻から若紫卷へ― / 姥沢隆司
  • 『古今和歌集目録』作者考 / 西村加代子
  • 『無名草子』の撰集評について / 片岡利博

第二十六号 (1980/10/25)

  • 内御書所の文人 / 工藤重矩
  • 屏風歌の生成と『古今集』 / 吉川英治
  • 宇多醍醐朝の歌召をめぐって / 徳原茂実
  • 伊勢物語第十九段の生成をめぐって / 河地修
  • もう一つの定家本「源氏物語」 / 片桐洋一
  • 「宇治十帖」の自然と構想 / 馬場婦久子

第二十七号 (1981/05/25)

  • 菅原道真の詩と律令語 / 後藤昭雄
  • 新撰万葉集における和歌の享受 / 泉紀子
  • 伊勢物語朱雀院塗篭本の雑纂性 ―一六段を中心として― / 市原愿
  • 藤原公任の歌風 ―先行歌の摂取を中心に― / 坂口和子
  • 物語における人物称呼をめぐる解釈上の問題 / 原田芳起
  • 河内本源氏物語の一性格 / 中川正美
  • 一葉抄の成立と性格について / 井爪康之
  • 六條斎院・子サロンと出羽弁 / 都築仁子

第二十八号 (1981/11/20)

  • 『扶桑集』伝本考 / 中條順子
  • 枕草子三巻本の性格 / 沢田正子
  • 高麗相人と桐壷父帝 ―源氏生涯の路線定位― / 塚原鉄雄
  • 『無名草子』の方法 ―いとぐちの部分の虚構について― / 川島絹江
  • 風葉和歌集構造試論 ―部立考― / 原田明美
  • 天理図書館本『源氏古鏡』について / 田坂憲二
  • 「伊勢物語直解」の成立 ―その実隆作にあらざること― / 青木賜鶴子

第二十九号 (1982/05/20)

  • 「伊勢物語」冒頭三章段の成立と主題 / 片桐洋一
  • 業平の歌「かずかずに思ひ思はず問ひがたみ」の「かずかずに」の解釈をめぐって / 益田まき
  • 『大和物語』一二七段を考える ―「紅染深色禁制」を背景として― / 吉田達
  • 「ほとけ神」考 ―習合詩想の観点から― / 渕江文也
  • 『和漢朗詠集』における絶句の編排について / 福田俊昭
  • 享録本雲州往来の成立をめぐって ―記述年代と人物を探る― / 三保サト子
  • 『今昔物語集』巻十五の方法 / 米谷悦子

第三十号 (1982/10/25)

  • 新撰萬葉集の本文とその性格 ―十巻本歌合との関連において― / 泉紀子
  • 伊勢物語の源融章段 / 神尾暢子
  • 大和物語初段の解釈 / 工藤重矩
  • 大和物語における虚構の方法 ―一四一一四二一五四段を例にして― / 柳田忠則
  • 藤原道信集考 ―二類本の成立― / 杉谷寿郎
  • 『袋草紙』における「末代」 ―著述意図と関連させて― / 芦田耕一

第三十一号 (1983/05/31)

  • 聴雨考 ―表現素材の獲得と定着をめぐって― / 三木雅博
  • 春雨の降る日となれば / 奥村恒哉
  • 花散里像の形成 / 田坂憲二
  • 「ひとつふたつのふしごとに」 ―柏木の悲劇― / 長野まり子
  • 幻巻における出家観について / 斎藤暁子
  • 源氏物語の敬語法 ―分身の方法― / 根来司
  • 『更級日記』の多層的構造をめぐって / 伊藤守幸

第三十二号 (1983/11/20)

  • 平安時代の秀歌撰について ―『如意宝集』を中心に― / 樋口芳麻呂
  • 『蜻蛉日記』の表現構造 ―侍女の役割に着目して― / 石坂妙子
  • 絵と物語の想像力 ―宇津保物語の型と表現― / 高橋亨
  • 『住吉物語』の乳母達 / 吉海直人
  • 大鏡「宇多天皇紀」について ―八巻増補本における加Mの功罪― / 松本治久
  • 清水宣昭の源氏物語研究 ―『玉の小櫛のそへ櫛』『雨夜物語品定参注』について― / 工藤進思郎

第三十三号 (1984/05/10)

  • 伊勢物語の生成について / 市原愿
  • 蜻蛉日記「・坏の水」の段について道綱の意義を中心に / 渡辺久壽
  • 紫上と花散里 / 坂本・
  • 源氏物語の作中詠歌について ―風葉集における採歌状況を中心に― / 志方澄子
  • 栄花物語における円融天皇像 / 中村康夫
  • 「はなだの女御」試論 ―文芸活動のための物語― / 赤塚雅己

第三十四号 (1984/10/30)

  • <和光同塵>と詠塵詩 ―老荘詩想と「塵」の文学― / 蔵中しのぶ
  • 定家本『伊勢物語』の構造をめぐって / 深町健一郎
  • 源氏釈所引『源氏物語』本文について ―伊行の<本文>と読みのありよう― / 渋谷栄一
  • 室町後期伊勢物語注釈の方法 ―宗祇三条西家流を中心に― / 青木賜鶴子
  • 助動詞「つ」の意味 ―平安朝歌合判詞から― / 竹岡正夫

第三十五号 (1985/05/20)

  • 伊勢物語初段の「かいま見」と源氏物語 / 大朝雄二
  • 蜻蛉日記下巻の一考察 ―道綱と八橋の女との和歌贈答を中心として― / 川村裕子
  • 六条御息所と先帝 ―物の怪を視座とした源氏物語の構造― / 浅尾広良
  • 夕霧から御法幻へ ―源氏物語終結に働いた作者の意図をめぐって― / 島津忠夫
  • 薫試論 ―その主題的に内実とするもの― / 三枝秀彰
  • 「今鏡」に見える源氏物語の影響 / 河北騰
  • 「讃岐典侍日記」下巻の表現構造 ―堀河帝一周忌の一段をめぐって― / 小谷野純一

第三十六号 (1986/03/15)

  • 源氏物語「並びの巻」試論 ―並びの巻が生ずる根拠について― / 丸山キヨ子
  • 右衛門督 ―『源氏物語』における― / 家井美千子
  • 「憂し」について ―『源氏物語』を中心にして― / 石井恵理子
  • 「紫明抄」の形成 ―「異本紫明抄」との関連を中心として― / 堤康夫
  • 枕草子日記的章段の方法 ―中関白家盛時の記事をめぐって― / 田畑千恵子
  • 「堀河百首」とその背景 ―周辺の歌学書との関連における― / 鳥井千佳子

第三十七号 (1986/06/20)

  • 竹取物語゛富士の山゛をめぐる一試論 / 小嶋菜温子
  • 「月やあらぬ」の解釈 ―方法として― / 工藤重矩
  • 「桧垣嫗集」の構成意識 / 西丸妙子
  • 源氏物語における手習歌 ―その方法的深化について― / 山田利博
  • 新出寝覚物語絵詞断簡の意義 / 田中登
  • 秋好中宮について ―澪標巻鈴虫巻を中心に― / 川名淳子
  • 『原中最秘抄』の基礎的考察 / 田坂憲二

第三十八号 (1986/11/10)

  • 勢語構成と東行章段 / 塚原鉄雄
  • 続伊勢物語小式部内侍本考 ―その形態と成立に関する試論― / 渡辺泰宏
  • 『大斎院前の御集』における「馬」 ―『馬内侍集』との関係― / 荒木孝子
  • 中務宮と明石物語 ―「松風」巻の表現構造― / 浅尾広良
  • 胡蝶巻の季の御読経 / 甲斐稔
  • 浮舟物語の一方法 ―装置としての夕顔― / 吉井美弥子

第三十九号 (1987/05/30)

  • 菅家後集の成立 / 谷口孝介
  • 「和漢朗詠抄注」後考 / 山崎誠
  • 後拾遺集の詞書をめぐって / 武田早苗
  • 「大弐三位集」 ―その和歌配列の方法― / 中島あや子
  • 須磨の絵日記から絵合の絵日記へ / 伊井春樹
  • 明石姫君と真木柱 / 坂本・
  • 源氏物語の「…人」の表現性 ―浮舟の心象に即して― / 倉田実

第四十号 (1987/11/30)

  • 竹取物語古写断簡攷 / 田中登
  • 『古今和歌六帖』本文攷 ―作者名表記論断章― / 田邊俊一郎
  • 蜻蛉日記中巻「屏風歌詠作」の記事をめぐって / 宇留田初実
  • 光る君の命名伝承をめぐって ―王権譚の生成序― / 河添房江
  • 「紫明抄」の方法 ―「異本紫明抄」から「紫明抄」へ― / 堤康夫
  • 善光寺の『紙本墨書源氏物語事書』の紹介と考察 / 滝澤貞夫

第四十一号 (1988/05/15)

  • 青谿書屋本『土佐日記』の極めて尠ない独自誤謬について / 萩谷朴
  • 紀貫之の表現 ―『貫之集』所収贈答歌二組をめぐって― / 加藤幸一
  • 『和泉式部日記』の境界性 ―「端」空間をめぐる考察― / 石坂妙子
  • 蛍と玉藻 ―玉鬘の人物造形をめぐって― / 島内景二
  • 狭衣物語粉河詣について ―「この世」への道筋― / 鈴木泰恵
  • 『仙源抄』所引の本文系統 ―河内本の異同― / 岩坪健

第四十二号 (1988/11/30)

  • 御行麻呂足の役割について ―『竹取物語』求婚部の構成を視点として― / 曽根誠一
  • 落窪物語の年立 / 柿本奨
  • 「ゆゆしき」主人公像の転回 ―源氏物語須磨前後― / 細野はるみ
  • 源氏物語第一部における左大臣家と式部卿宮家をめぐって / 小山清文
  • 『更級日記』の「博士の命婦」は誰か / 迫徹朗
  • 山岸文庫蔵明融本源氏物語について / 上野英子

第四十三号 (1989/05/23)

  • 『大江千里集』伝本考 ―流布本系統を中心に― / 蔵中さやか
  • 業平自記説から見た伊勢物語 / 福井貞助
  • 狩使本伊勢物語の二部的構造 ―現存業平集と伊勢物語の関係についての考察― / 田口尚之
  • 源順の歌風について ―応和元年十二月十七日昌子内親王御裳着屏風歌を中心に― / 西山秀人
  • 玉鬘物語の流離の構造 / 日向一雅
  • 『源氏物語』における催馬楽引用 ―「東屋」巻の場合― / 植田恭代
  • 紫式部とむまの中将 ―反目の叙述に隠されているもの― / 福家俊幸

第四十四号 (1990/01/20)

  • もし天竺にたまさかにもて渡りなば ―竹取物語の難題物の再検討― / 網谷厚子
  • 伊勢物語一六段の虚実について / 市原愿
  • 光源氏の雲林院篭り / 根本智治
  • 夢浮橋巻の沈黙 / 吉井美弥子
  • 成尋阿闍梨母集の本文批評のために ―伝本本文の誤写の認定と筆づかい― / 岡崎和夫
  • 『大鏡』が語る「怨霊」 / 松本治久

第四十五号 (1990/06/20)

  • <梅と鶯の組合せ>について ―『古今集』四季歌の表現― / 鈴木宏子
  • 古今集業平歌詞書の考察 / 山田清市
  • 河内本系善本を求めて / 田村俊介
  • 『大鏡』の「語り手」と「聴衆」 ―「記録者」をめぐって― / 稲垣智花
  • 「風葉和歌集」の構造 ―春部(上下)について― / 米田明美

第四十六号 (1990/12/10)

  • 狩使本伊勢物語について ―その断片資料に見る新しさ― / 田口尚幸
  • 『かげろふ日記』の自然描写と物詣で ―視覚聴覚の視点から― / 宮田京子
  • 『安法法師集』の「山の僧正」について ―尋禅の想定― / 長戸千恵子
  • 源氏と空蝉 / 坂本共展
  • おのがいとめでたしと見奉るをばたづね思ほさで ―その解釈ともののけの正体― / 渡辺泰宏
  • 初期能因伝をめぐって / 川村晃生

第四十七号 (1991/05/15)

  • 貫之の慶賀表現 ―「ももとせ」と「よろづよ」をめぐって― / 田島智子
  • みやび男のえびす心 ―『伊勢物語』第十五段の解釈― / 後藤康文
  • かの十六夜の女君 ―葵巻晩秋の新解釈― / 田村俊介
  • 方法としての絵 ―「絵合」の位相と物語の論理― / 甘利忠彦
  • 梅枝巻の手本蒐集 / 河添房江
  • 「ものの音めづる」心 ―大君をとりまく人びと― / 西耕生
  • 「朗詠」という語について ―中国詩文から『和漢朗詠集』へ― / 青柳隆志

第四十八号 (1991/11/30)

  • 『竹取物語』伝本の本文批判とその方法論的課題 ―求婚譚の人称規定を例として― / 上原作和
  • 狩使本伊勢物語をめぐる諸問題について / 林美朗
  • 若紫巻の本文 ―源氏物語別本の敬語法― / 中村一夫
  • 光源氏の六条院 ―そのかくされた構想― / 池浩三
  • 紅梅巻と宇治十帖 ―宇治十帖後半の論理に果たす紅梅巻の機能― / 原陽子

第四十九号 (1992/06/25)

  • 俊蔭女と予言の行方 ―「楼の上」下巻波斯風弾琴をめぐって― / 西本香子
  • 蜻蛉日記下巻養女迎えの記事における物語性について / 金子富佐子
  • 住吉詣における明石君登場の意義 / 竹田誠子
  • まま母考 ―『更級日記』の場合など― / 滝澤貞夫
  • 宮内庁書陵部蔵『伊勢物語抄』の増補部分の性格 ―その旧注とのかかわりについて― / 木戸久二子

第五十号 (1992/11/10)

  • 『落窪物語』の構成について ―女君と四の君の「憂し」をめぐって― / 新川雅朋
  • 桐壷巻における別本群の位相 ―桐壷帝の描写を中心にして― / 伊藤鉄也
  • 「夜光る玉」考 ―『源氏物語』潜在王権論の視座における明石姫君の位置― / 秋澤亙
  • 光る源氏の六条院について / 玉上琢弥
  • 紫上試論 ―紫上の社会的経済的独立をめぐって― / 宮川葉子
  • 成尋阿闍梨母集の文体学のために ―連体終止例の認定― / 岡崎和夫
  • 『夜半の寝覚』末尾欠巻部断簡の出現 / 田中登
  • 日本大学総合図書館蔵大和物語鈔について / 柳田忠則

第五十一号 (1993/05/22)

  • 『竹取物語』の帝物語 ―『漢武帝内伝』からの離陸― / 倉又幸良
  • 紀貫之の漢詩表現受容の一方法 / 水谷隆
  • 源語須磨の表現構成 ―助動詞「ぬ」による段落構成― / 西田隆政
  • 定家自筆本「奥入」所引「源氏物語」本文をめぐって / 渋谷栄一
  • 鷹司殿倫子百和香歌合について / 伊井春樹

第五十二号 (1993/11/30)

  • 『経国集』「賦秋可哀」の表現について / 佐藤信一
  • 「白雪曲」と「琴心」 ―貫之の琴の歌と漢詩文― / 中野方子
  • 心喪と朗詠 / 青柳隆志
  • うつほ物語の奇人求婚譚 ―挿話構成の基本方法― / 斎藤正志
  • 紫上の妻としての地位 ―呼称と寝殿居住の問題をめぐって― / 木村佳織
  • 『栄花物語』の「けり」 ―その多用される記事をめぐって― / 渡瀬茂

第五十三号 (1994/05/30)

  • 中務歌の表現 / 新井裕子
  • 和泉式部日記論への一視覚 ―「人笑へ」の布置をめぐる断想― / 金井利浩
  • 五月五日の源氏物語 ―法華経五の巻によって― / 小林正明
  • 『源氏物語』の六条院について ―四季の町の配列― / 渡辺仁史
  • 紫上の死と葬送の表現 / 塚原明弘
  • 狭衣物語の音楽 / 田村良平

第五十四号 (1994/11/10)

  • この世のことわり ―『竹取物語』の「世界」について― / 小川靖彦
  • 能宣集「ある人の歌合」をめぐって / 松本真奈美
  • 「尋郭公」考 ―『枕草子』「五月の御精進のほど」の段をめぐって― / 車田直美
  • 右大将源氏の本官 / 坂本共展
  • 「風葉和歌集」の構造 ―撰集過程についての一試論― / 米田明美
  • 三条西実隆と河内本源氏物語 ―「実隆公記」明応五年十月四日の条をめぐる一考察― / 宮川葉子

第五十五号 (1995/05/20)

  • 「天徳闘詩」の結句 ―橘直幹の「述懐」について― / 小野泰史
  • 「雨風にも障らぬもの」考 ―『蜻蛉日記』中巻の表現形成― / 平野美樹
  • 『枕草子』「中納言殿まゐらせたまひて」の段をめぐって / 圷美奈子
  • 頭中将と和琴/光源氏と琴の琴 / 森野正弘
  • 〈青表紙本『源氏物語』〉伝本の本文批判とその方法論的課題 ―帚木巻における現行校訂本文の処理若干を例として― / 上原作和
  • 『狭衣下紐』諸本考 / 川崎佐知子
  • 『花桜折る中将』本文整定試案 / 後藤康文

第五十六号 (1995/11/15)

  • 古今和歌集撰者時代の枕詞 / 藤田洋治
  • 古今集仮名序「古注」の成立 / 西村加代子
  • 光源氏と源典侍・再説 ―神歌をめぐりつつ― / 小島菜温子
  • 「夕顔物語」から「飛鳥井女君物語」へ ―『狭衣物語』における人物造形の一方法― / 星山健
  • 雅亮装束抄考証 ―高倉文化研究所蔵雅亮装束抄の出現を中心として― / 宇都宮千郁

第五十七号 (1996/05/20)

  • 「春の夜の香り」について ―『古今和歌集』躬恒歌を中心に― / 田中幹子
  • 「賀茂保憲女集」再評価 / 渦巻恵
  • 冷泉帝の顔 ―供犠と玉鬘の視線から― / 立石和弘
  • 『源氏物語』第二部の朱雀院について ―宇多院の准拠を手がかりに― / 縄野邦雄
  • 浮舟の和歌について ―初期の贈答歌二首の再検討― / 鈴木裕子

第五十八号 (1996/11/25)

  • 吹上の源氏 ―涼の登場をめぐって― / 大井田晴彦
  • 夕霧と光源氏 ―光源氏の物語としての夕霧巻小考― / 高木和子
  • 源氏物語における貴公子の待遇表現 ―〈語り手〉の待遇意識とその立場― / 陣野英則
  • 夜の寝覚の帝 / 長南有子
  • 『大鏡』の君臣関係における時代変遷 ―摂関・大臣と天皇の関係の変質― / 菊池真
  • 流布本三十六人歌仙と顕昭 / 新藤協三

創立三十周年記念臨時増刊号 (1997/03/31)

  • 中古文学会設立のころ / 松尾聰
  • 山岸先生と中古文学会 / 三谷榮一
  • 事務局引き受け騒動記 / 大槻修
  • 事務局を担当した頃のこと / 松田成穂
  • 「中古文学会」三十年の歩み
  • 事務局所在ならびに期間・代表者一覧
  • 研究発表者・題目一覧
  • 『古今集』における季の到来と辞去について ―三月尽意識の展開― / 田中幹子
  • 伊勢物語「小式部内侍本」の本文について / 内田美由紀
  • 青海波選曲の理由 ―紅葉賀での上演に至るまで― / 堀淳一
  • 近江君の賽の目 ―「若菜下」巻の住吉参詣における明石尼君をめぐって― / 竹内正彦

第五十九号 (1997/05/26)

  • 儀式と和歌 ―公宴詩会との関わりにおいて― / 滝川幸司
  • 枕草子「二月つごもりころに」段の和歌をめぐって / 鄭順粉
  • 枕草子の謎謎合 ―「皆知りたることとかや」考― / 久保木孝夫
  • 喩としての朝顔 ―源氏物語の朝顔の姫君を中心に― / 越野優子
  • 「悪き」近江の君 / 津島昭宏
  • 『山頂湖面抄』伝本の本文系統について / 古野優子
  • 「聞く」ことの機能 ―『夜の寝覚』の「声」― / 末沢明子

第六十号 (1998/05/25)

  • 「花の浪」考 ―紀貫之論断章― / 吉川栄治
  • 和泉式部続集日次歌群の形態面の特質 / 小野美智子
  • 須磨と都 / 根本智治
  • 宇治八の宮の遺戒と俗性 / 今井久代

第六十一号 (1998/11/30)

  • 紫上の位置付けに関する一試論―「大臣嫡妻」から「准後宮」へ / 園明美
  • 「笛の音にも古ごとは伝はるものなり」考―源語少女巻試注― / 吉森佳奈子
  • 宇治大君と〈女一宮〉―〈妹恋〉の論理を手がかりとして― / 助川幸逸郎
  • 葦手本『和漢朗詠集』の位置 / 山本まり子
  • 平安朝における綺について / 宇都宮千郁

第六十二号 (1997/11/28)

  • 和泉式部続集日次歌群の成立試論 / 久保木寿子
  • 彰子入内屏風歌詠進について―実資の公卿意識をめぐって― / 劉卿美
  • 堀河院と『堀河院艶書合』―艶書合は高陽院の西の対で行われた― / 古池由美
  • 明石入道と琵琶法師 / 森野正弘
  • 源氏物語 蜻蛉巻の機構(メカニズム)―六条院と明石一族― / 加藤昌嘉
  • 王朝物語における皇女たち―『狭衣物語』嵯峨院女宮の場合― / 一文字昭子
  • 冷泉家時雨亭文庫蔵「いはでしのぶ」について―主として断簡五紙の整序に関する考察― / 横溝博

第六十三号 (1999/05/31)

  • 「荒れたる宿」考―『蜻蛉日記』における「主観的真実」の背景― / 平野美樹
  • 和泉式部と大江匡衡 / 林マリヤ
  • 大納言の君・小少将の君をめぐって―紫式部日記人物考証― / 安藤重和
  • 智仁親王の源氏物語研究 / 小高道子
  • 『顕秘抄』と『袖中抄』―その先後関係― / 日比野浩信

第六十四号 (1999/11/15)

  • 物語文学史再考―「絵物語」をめぐって― / 伊東祐子
  • 源俊賢考―王朝女流文学の史的基層として― / 高橋由記
  • 『河海抄』の妻妾論について / 胡潔

第六十五号 (2000/06/20)

  • 兵部卿宮と桃園式部卿宮―光源氏との政治的関係― / 木村祐子
  • 『源氏物語』幻巻御仏名の光源氏について―「古りぬる齢の僧」による光源氏賞賛の照らすもの― /松木典子
  • 『河海抄』の「毛詩」 / 吉森佳奈子
  • 『和泉式部正集』日記歌新考 / 岸本理恵
  • 和泉式部「巌の中に住まばかは」歌群についての一考察 / 新井英之
  • 紫式部集の物の気表現 / 森正人

第六十六号 (2000/12/10)

  • 和歌六人党と西宮歌会 / 久保木秀夫
  • 基俊の『和漢朗詠集』学習について―「多賀切」詩題注からの考察― / 田中幹子
  • 源氏物語における「東路の道の果てなる…」の引歌をめぐって / 藪葉子
  • 『源氏物語』鈴虫巻の六条院―六条御息所の鎮魂を視座として― / 藤井由紀子
  • 『大鏡』重木攷―「昔物語」の意味― / 菊地真

第六十七号 (2001/05/30)

  • 〈シンポジウム〉源氏物語はなぜ読まれるのか /朧谷寿・原岡文子・久保田淳・野口武彦・(司会)後藤祥子
  • 『蜻蛉日記』唐崎祓いの意義―仮構の明るさと独詠歌― / 斎藤菜穂子
  • 二世女王の婚姻―朝顔の姫君を中心に / 新山春道
  • 藤裏葉巻における「菊」の隠喩 / 斎藤桂子
  • 紹巴所用『狭衣物語』とその意義―伝本研究への一階梯として― / 川崎佐知子

第六十八号 (2001/11/30)

  • 『うつほ物語』共通祖本の特質 / 新美哲彦
  • 踏み惑う薫と夢浮橋―宇治十帖の終末についての試論― / 今井上
  • 『源氏釈』私攷 / 松原志伸

第六十九号 (2002/05/20)

  • 屏風歌注文主の変化―古今集時代・後撰集時代について― / 田島智子
  • 『蜻蛉日記』本文の再検討 / 川村裕子
  • 「長恨歌、王昭君などやうなる絵は」―絵合巻の引用と秋好中宮― / 齋藤奈美
  • 「対の上」という呼称 / 園明美
  • 明石の中宮の言葉と身体―〈いさめ〉から〈病〉へ― / 三村友希
  • 『源氏物語』と『日蔵夢記』―延喜王堕地獄説話の再検討― / 袴田光康

第七十号 (2002/11/15)

  • 蜻蛉日記天禄二年条本文改訂試案―「三/十夜なん通へる」の解釈を離れて― / 工藤重矩
  • 平安時代散文作品における「頼む」「頼もし」 / 滝澤貞夫
  • 光源氏の観相と漢籍に見る観相説話―継嗣に関わる観相を中心に― / 湯浅幸代
  • 二条院の池―光源氏と紫の上の物語を映し出す風景― / 李美淑
  • 新英訳『源氏物語』について―その特徴と他英訳『源氏物語』との相違― / 緑川真知子

第七十一号 (2003/05/30)

  • 為家本『土左日記』について / 伊井春樹
  • 『枕草子』「長徳の変」関連章段の解釈―後宮の視点によって描かれた政変― / 圷美奈子
  • 柏木物語の「あはれ」と救済―『源氏物語』作中和歌における認識の形成― / 吉見健夫
  • 『源氏物語』手習巻の新楽府引用と浮舟物語―「古塚狐」・「井底引銀瓶」と「陵園妾」― / 岡部明日香
  • 『山路の露』二類本独自本文の形成とその性格 / 岡陽子
  • 『夜の寝覚』三年目の意味について / 中川照将
  • 善珠撰述仏典注釈書における漢籍の引用―『成唯識論述記序釈』をめぐる一考察― / 河野貴美子

第七十二号 (2003/11/30)

  • 『伊勢物語』第六段の理解―作中和歌の表現性を中心に― / 神田龍之介
  • 『蜻蛉日記』下巻冒頭部の表現―漢詩文引用による自然叙述と日録性― / 小山香織
  • 桐壺帝と桐壺更衣の形象 / 森一郎

第七十三号 (2004/05/30)

  • 『古今和歌集』春歌下 貫之の落花の歌について―「散華」との関わりの可能性― / 佐田公子
  • 「階の底の薔薇」と光源氏 / 沼尻利通
  • 朝顔姫君の形象と主題 / 今井 上
  • 玉鬘物語における「九条」と「椿市」―《市》を巡る説話との関わりから― / 金 秀美
  • 高光と顕信―『大鏡』出家記事の再検討― / 中島俊博
  • 『大鏡』〈昔物語〉における村上聖代―醍醐聖代との比較を通じて― / 秋本宏徳
  • 「日本紀」による注―『河海抄』と契沖・真淵― / 吉森佳奈子

第七十四号 (2004/11/30)

  • 『入唐求法巡礼行記』廃仏記事の構成―中国皇帝に対する呼称の分析を通じて― / 濱田 寛
  • 土佐日記「わだのとまりのあかれのところ」 / 内田美由紀
  • 三代集のつゝ留について / 栗田 岳
  • 『蜻蛉日記』の作者の屋敷の位置 / 足立祐子
  • 〈人の心〉から〈我が心〉へ―『蜻蛉日記』試論― / 吉田幹生
  • 落窪の君の〈家〉の獲得 / 畑 恵里子
  • 平安時代の歯固・餅鏡の基礎的考察 / 金 孝珍

第七十五号(2005/5/31)

  • いにしへの野中――『類聚国史』所載の古歌―― / 内田順子
  • 『和泉式部日記』の表象――五月記事の重層構造をめぐって―― / 小谷野純一
  • 彰子賛美の真情――『紫式部日記』寛弘五年秋―― / 山本淳子
  • 高木本(伝阿仏尼筆帚木巻)とその本文 / 大内英範
  • 伝為明筆本『狭衣』の本文異同について――深川本・伝為家筆本・伝慈鎮筆本との比較―― / 一文字昭子
  • 『夜寝覚抜書』の方法――第二場面と小夜衣との関係を中心に―― / 田淵福子

第七十六号(2005/10/31)

  • 俊蔭一族の物語と楼 / 伊藤禎子
  • 嵯峨天皇と「花宴」巻の桐壺帝――仁明朝に見る嵯峨朝復古の萩花宴を媒介として―― / 湯浅幸代
  • 『源氏物語』「夕霧」巻の「しつらひ」――夕霧による一条宮邸改築の意義―― / 岩原真代
  • 『大鏡』における兼家と三条天皇――もうひとつの系譜―― / 石原のり子

第七十七号(2006/5/31)

  • 『竹取物語』と仏伝 / 久保堅一
  • 二条后と在原業平――その文学史的役割―― / 片桐洋一
  • 『うつほ物語』の服喪表現についての考察――袖君と実忠の北の方の服喪をめぐって―― / 松野彩
  • 延宝五年の「狭衣」校合 / 川崎佐知子

第七十八号(2006/12/15)

学会創設四十周年記念中古文学会賞論文

  • 「揺し按ずる暇も心あわたたしければ」――『源氏物語』作家の琴楽環境―― / 上原作和
  • 菅原道真の〈贈答詩〉をめぐって / 高兵兵
  • さすらう官人たちの系譜――屈原・業平・貫之―― / 坂本信道
  • 拾遺集の配列と屏風歌――配列に広がる屏風絵―― / 田島智子
  • 定家の源氏注釈における万葉歌 / 眞野道子

投稿論文

  • 醍醐寺五重塔の落書和歌――天暦五年の歌・絵・歌がたり―― / 藤岡忠美
  • 『多武峯少将物語』の成立基盤と読者――あい宮の担う師輔没後の閉塞感を基点として―― / 門澤功成
  • 古代における「みどり」の色相領域を再考する――「みどりの空」を起点として―― / 森田直美
  • 源氏物語蜻蛉巻の『上陽白髪人』引用について――幻巻からの物語内引用と併せて―― / 岡部明日香
  • 『とりかへばや』諸本分類考――「改作本系統」の位置付けについて―― / 新居和美

第七十九号(2007/6/5)

記念講演会

  • 中古文学研究の今昔 / 秋山虔

記念シンポジウム
 〈中古文学〉の将来 研究・学会・社会
 基調報告

  • 古典学の再構築をめざして――平安文学研究の内なる〈他者性〉 / 小峯和明
  • 対象と方法――美術史の課題 / 佐野みどり
  • 文学と史学の間――平安時代像の再構築 / 東野治之
  • 国際化時代の中古文学研究 / 平野由紀子

 [質疑応答](司会)今西祐一郎
 

投稿論文

  • 継子物語と紫の上――落窪の女君との重層性―― / 畑恵里子
  • 『源氏物語』鈴虫巻の表現性――光源氏歌の解釈を中心に―― / 牧野裕子
  • 『夜の寝覚』の帝と女君 / 田淵福子
  • 建仁二年定家本伊勢物語の復元 / 加藤洋介
  • 『河海抄』と『和歌知顕抄』――「伊勢物語云」の意味するものとは何か―― / 吉岡貴子

第八十号(2007/12/20)

  • 『竹取物語』蓬莱訪問譚の再検討――典拠・話型・主題―― / 東望歩
  • 『うつほ物語』仲澄の絶えぬ「思ひ」――実忠との連関、そして柏木の情念へ―― / 本宮洋幸
  • 『蜻蛉日記』物忌日の手紙――その作法の意味と鳴滝籠り―― / 深澤瞳
  • 堺本枕草子の類纂形態――複合体としての随想群とその展開性―― / 山中悠希
  • 『源氏物語』における今上帝の「御気色」 / 春日美穂
  • 『栄花物語』本文再考――西本願寺本を中心とする―― / 久保木秀夫

第八十一号(2008/6/20)

  • 女御・更衣と賜姓源氏――桐壺巻の歴史意識―― / 浅尾広良
  • 『源氏物語』冷泉朝始発における光源氏の政治構想――冷泉帝の元服と後宮政策から―― / 高橋麻織
  • 「蓬生」巻の末摘花と常陸宮邸の住環境――宮家社会における格差意識から―― / 岩原真代
  • 輝く日の宮の〈落日〉――哀傷歌の象徴性―― / 山崎和子
  • 朝顔の巻の〈女歌〉 / 贄裕子

第八十二号(2008/12/15)

  • 【源氏物語千年紀記念公開講演会】
  • 〈テーマ〉『源氏物語』の時空――建築史・美術史の視点から――
  • 講演
  • 『源氏物語』と『源氏物語絵巻』の空間表現〜寝所・御座の表現を中心に〜 / 川本重雄
  • 国宝「源氏物語絵巻」とその復元模写 / 四辻秀紀
  • 「建築と絵からみた源氏物語」司会の記 / 高橋亨
     
  • 【投稿論文】
  • 『公任集』の「かまくら」について / 笹川博司
  • 「蓬生」巻の末摘花と『落窪物語』――「わがむすめどもの使ひ人」考―― / 畑恵里子
  • 源氏物語「明石一族」の意志――『古今和歌集』一〇〇三番歌引用を起点として―― / 笹生美貴子
  • 刈谷市中央図書館蔵『伊勢物語愚見抄』の位置付け / 木下美佳

第八十三号(2009/6/25)

  • 【特別講演】
  • 大沢本源氏物語本文の性格 / 伊井春樹
     
  • 【投稿論文】
  • 惟光の一族――『源氏物語』と乳母・乳母子―― / 古田正幸
  • 『源氏物語』朝顔巻の回想場面――『長恨歌』の型から場面取りへ―― / 牧野裕子
  • 『住吉物語』と小野小町――引用された小町詠のはたす機能を中心に―― / 服部友香
  • 『栄花物語』続編と藤原忠実 / 中村成里

第八十四号(2009/12/25)

  • 【シンポジウム】源氏物語の絵と注釈
  • 「絵入源氏物語」の挿絵と本文・和歌・注釈 / 清水婦久子
  • 源氏絵・色紙・和歌―源氏物語画帖の詞書をめぐって / 野口剛
  • 近世初期「源氏絵」と詞書筆者について / 高橋亨
  • 幻の「源氏物語絵巻」にみる物語理解―近世初期の堂上流『源氏』享受をめぐって / 小嶋菜温子
  • 「源氏物語の絵と注釈」司会の記 / 山本登朗
     
  • 【投稿論文】
  • 源氏の祈り―葵巻「法界三昧普賢大士」の思想と信仰を手がかりにして― / 大場朗
  • 漢文日記における語りと筆録―『後二条師通記』を中心として― / 中丸貴史

第八十五号(2010/6/20)

  • 【シンポジウム】『紫式部集』研究の現在
  • 『紫式部集』冒頭歌の示すもの / 山本淳子
  • 『紫式部集』自撰説の見直し―巻末増補の観点をも視野に入れて― / 徳原茂実
  • 形態と伝流から『紫式部集』を見る / 横井孝
  • 紫式部集解釈の難しさ / 工藤重矩
  • 「『紫式部集』研究の現在」司会の記 / 廣田收
     
  • 【投稿論文】
  • 『源氏物語』紀州徳川家旧蔵本の行方 / 久保木秀夫
  • 「対の上」という呼称―特異な呼称の描くもの / 鵜飼祐江
  • 『源氏物語』の邸宅使用方法について―光源氏と匂宮の事例を中心に― / 水田ひろみ
  • 『源氏物語』朝顔巻の藤壺―『竹取物語』のかぐや姫を視座として― / 鈴木早苗
  • 『源氏物語』第二部後半の『竹取物語』受容 / 室田知香
  • 近世前期源氏学の展開―『一簣抄』の注釈史的位置― / 川崎佐知子
  • 「うづもれぬかばね」の物語―『かばね尋ぬる宮』の復元試論― / 大槻福子

第八十六号(2010/12/25)

  • 【シンポジウム】絵入りテキストの物語史―竹取・住吉等を中心に―
  • 『竹取物語』絵本―メトロポリタン美術館蔵を中心にして― / 渡辺雅子
  • 國學院大學所蔵の絵入り物語 / 針本正行
  • 夢はどう描かれるのか―物語絵における夢の表現― / 室城秀之
  • 絵入りテキストの物語史をめぐって / 石川透
     
  • 【投稿論文】
  • 関西大学図書館蔵 生田本『和漢朗詠集』と朗詠江注 / 惠阪友紀子
  • 藤壺の系譜―『宇津保物語』あて宮を始発として / 栗本賀世子
  • 柏木哀悼における「柳のめ」―元白詩語の利用と夕霧物語の始発― / 内藤英子

第八十七号(2011/5/25)

  • 【シンポジウム】平安文学と地理
  • 『土佐日記』の「山崎」 / 久保田孝夫
  • 地理から見える枕草子の風景 / 片平博文
  • 平安京地主神、賀茂明神に関わる文学空間 / 小山利彦
  • シンポジウム「平安文学と地理」司会の弁 / 加納重文
     
  • 【投稿論文】
  • 『源氏物語』「宿木」巻の〈唱和歌〉をめぐって / 長谷川範彰
  • 平安朝物語の婚姻居住形態―『源氏物語』の「据ゑ」をめぐって / 青島麻子

第八十八号(2011/12/25)

  • 【シンポジウム】「源氏物語」と和歌
  • 源氏物語の家風一面――歌の組み立て―― / 浅田徹
  • 虚構の和歌の可能性――物語の文脈との関係―― / 高田祐彦
  • 源氏物語「唱和歌」規定の再検討――「会合の歌」の提言―― / 倉田実
  • シンポジウム「源氏物語と和歌」がもたらしたもの / 高野晴代
     
  • 【投稿論文】
  • 伊勢物語第四段の〈構図〉と〈詠嘆〉――虚構を支えるもの―― / 泉紀子
  • 『源氏物語』絵合巻の政治力学――斎宮女御に贈られた絵とその行方―― / 本橋裕美
  • 『源氏物語』六条院行幸における冷泉帝――〈観魚〉という視点から―― / 大津直子
  • 大江匡房の願文に見る『明皇雑録』の受容 / 山崎明

第八十九号(2012/6/5)

  • 嶋田忠臣の位置 / 滝川幸司
  • 清少納言出仕の背景―正暦年間の一条後宮― / 東 望歩
  • 『源氏物語』「野分」巻の冷泉帝―「御前の壺前栽の宴」を中心に― / 春日美穗
  • 学習院大学文学部日本語日本文学科所蔵『栄華物語』の本文―その性格と価値― / 中村成里  
  • 寝覚物語絵巻第四段詞書の解釈をめぐって―寝覚上第四子を中心に― / 大槻福子
  • 狭衣物語と『古今類句』―伝為明筆本、飛鳥井雅章筆本とのかかわり― / 須藤圭
  • 定家の素性歌受容―長月の有明の月をめぐって― / 鈴木徳男

第九十号(2011/11/22)

  • 【特別講演】国際化時代における日本古典文学の可能性
  • 日本古典文学研究の国際化―和歌と世界文学 / ハルオ・シラネ
  • 日本古典文学国際化への戦略 / 伊井春樹
     
  • 【国際シンポジウム】日本の古典をどう読むか
  • 韓国における日本古典文学受容の現状と課題について―『源氏物語』を中心にー / キム・ジョンヒ(金静熙)
  • 中古文学 国際時代における日本古典文学の可能性―日本の古典をどう読むか― / クリスティーナ・ラフィン
  • オーストラリアとイギリスにおける日本古典文学の研究―知的国際交流をめぐって― / レベッカ・クレメンツ
  • 国際化社会の中で『源氏物語』をどう読むか / 今井上
  • 各国における日本古典文学研究の現況寸見 / 伊井春樹
  • 【投稿論文】
  • 古今和歌六帖における重出の問題〉 / 久保木哲夫
  • 『蜻蛉日記』上巻の御代替わり考 / 斎藤菜穂子
  • 『源氏物語』の「たぐひなし」―紫のゆかりの女君たちをめぐって― / 高橋早苗
  • 秋好中宮と勤子内親王・雅子内親王の史実―絵画と斎宮― / 岡部明日香
  • 『源氏物語』「蜻蛉」巻における二の宮の式部卿任官記事―当該場面の不自然な文脈をめぐって / 有馬義貴
  • 『和泉式部物語』諸本論の再検討―和歌書式の問題を手がかりに― / 岡田貴憲
  • 『長珊聞書』に見られる公条説―葵巻を中心に― / 本廣陽子

第九十一号(2013/5/20)

  • 『枕草子』「殿などのおはしまさで後」の段における定子の意向
     ―「いはでおもふ」ことの否定― / 山中悠希
  • 『源氏物語』明石中宮論―明石中宮の機能と権力機構としての宇治― / 中井賢一
  • 「南院」の時空―『和泉式部日記』試論― / 久保木寿子
  • 後冷泉朝の後宮と文化圏―妻后同殿とその文化圏― / 高橋由記
  • 『浜松中納言物語』、唐后転生を待つもの / 星山健
  • 『河海抄』巻九論―諸本系統の検討と注記増補の特徴― / 松本大

第九十二号(2013/11/15)

  • 【講演】
  • 始発期の近代国文学と与謝野晶子の『源氏物語』訳業 / 神野藤昭夫
  • 【投稿論文】
  • 光源氏の「自嘲」―『源氏物語』柏木巻の白詩引用― / 山本淳子
  • 国冬本源氏物語藤裏葉巻の本文の疵と物語世界―別本の物語世界を論ずる前提として― / 工藤重矩
  • 『大鏡』「兼通伝」を考える―「流布本系増補記事」の存在を契機として― / 辻和良
  • 第九十三号(2014/7)

    • 『落窪物語』の裁縫―落窪の君の裁断行為を中心として― / 畠山大二郎
    • 『源氏物語』冷泉帝主催の七夜の産養―平安時代における産養の史実から― / 高橋麻織
    • 宇治十帖の中務宮―今上帝の皇子たちの任官をめぐって― / 桜井宏徳
    • せめぎ合う浮舟の「今日」―「宇治十帖」時間表現の一手法― / 堀江マサ子
  • 第九十四号(2014/11/20)

    • 【ミニシンポジウム@ 定家本・青表紙本『源氏物語』とは、そもそも何か?】
    • 題意文
    • 定家本・青表紙本『源氏物語』は、どれだけ実際に読むことができるのか? / 久保木秀夫
    • 青表紙本の系譜 / 田村隆
    • 「青表紙本」「定家本」とは何か、何のための本文研究か / 大内英範
    • 現在の『源氏物語』本文研究に対して思うこと / 中川照将
    • 定家本・青表紙本『源氏物語』のシンポジウムに随伴して学んだこと / 陣野英則
    • 【ミニシンポジウムA 中古文学会で、中世王朝物語を考える】
    • 題意文
    • 「中世王朝物語」研究、概説 / 加藤昌嘉
    • 文学史研究用語としての「中世王朝物語」の再検討 / 中島正二
    • 『風葉和歌集』を用いた散逸物語研究の問題点―詠み人名表記について― / 宮ア裕子
    • 垣根を越えるために―中世王朝物語研究の課題― / 西本寮子
    • 【投稿論文】
    • 宣旨女房考―摂関期を中心に― / 諸井彩子
  • 第九十五号(2015/6/20)

    • 【ミニシンポジウム 源氏物語 典拠と準拠の再検討】
    • 趣意文 / 加藤洋介
    • 紅葉賀巻「鄂州にありけむ昔の人」の典拠解釈の変遷について / 岡部明日香
    • 光源氏と冷泉帝―「天に二日無し」という典拠と準拠 / 木下綾子
    • 『源氏物語』の典拠研究と引用論―方法論の交渉と深化― / 笹川勲
    • 『源氏物語』典拠研究の限界と可能性―若紫巻と司馬相如伝の関わりを事例として― / 高橋早苗
    • 『源氏物語』准拠の手法と唐代伝奇・中唐の文学観 / 長瀬由美
    • 典拠から逸脱する注釈―中世源氏学の一様相― / 松本大
    • 【投稿論文】
    • 『大鏡』における「源氏の栄え」―「三条院の御末」へのまなざし― / 中瀬将志
    • 『光源氏物語抄』「俊国朝臣」について―鎌倉期における紀伝道出身者の源氏学をめぐって / 芝ア有里子

    第九十六号(2015/12/25)

    • 【大会企画・女性文学としての中古文学】
    • 趣旨文 / 松岡智之
    • 【ミニシンポジウム@ 平安時代はなぜ女性が書き手の文学を輩出したのか】
    • 透視される女たちの再話―物語の淵源としての言語空間― / 大津直子
    • 書き手を創出する〈場〉―斎院文化圏と後宮文化圏の交流をめぐって― / 勝亦志織
    • 〈女のカタログ〉―女たちの共感装置としての『夜の寝覚』― / 宮下雅恵
    • シンポジウムはなぜ女性ばかりが登壇したのか―「ミニシンポジウム1平安時代はなぜ女性が書き手の文学を輩出したのか」を通して考えたこと― / 吉井美弥子
    • シンポジウム1総括 / 秋澤亙
    • 【ミニシンポジウムA 注釈のジェンダーバイアスを問う】
    • 『河海抄』の」位置 / 吉森佳奈子
    •  
    • 藤壺の宮の「女心」―注釈史における弘徽殿大后との対比的イメージをめぐって― / 藤井由紀子
    • 『枕草子』の本文における「女」―三巻本と他系統本の比較から― / 山中悠希
    • ジェンダーバイアスから見る古典文学 / 鈴木泰恵
    • シンポジウム2総括 / 川村裕子
    • 大会企画総括―明日からどのようなことばで中古文学を語っていくか / 井上真弓
    • 【投稿論文】
    • 『源氏物語』内裏絵合をめぐる二つの絵―朱雀院の節会絵と「須磨の日記」 / 今井久代
    • 朧月夜と玉鬘―うたことばの反復と人物造型の重なり― / 中西智子
    • 「虫めづる姫君」の変貌―抑制される女の言論と羞恥の伝統をめぐって― / 井上新子
    • 歌合における『源氏物語』摂取歌―源頼実と師房歌合をめぐって― / 瓦井裕子

    第九十七号(2016/6/15)

    • 【シンポジウム 室町戦国期の『源氏物語』―本の流通・注の伝播―】
    • 趣旨説明 / 新美哲彦
    • 【基調講演】「大島本源氏物語」と吉見正頼 / 秋山伸隆
    • 室町・戦国期写本としての「大島本源氏物語 / 佐々木孝浩
    • 連歌師紹巴と『源氏物語』 / 川崎佐知子
    • 『岷江入楚』と先行注釈―中院文庫本の肩付を起点として― / 小川陽子
    • 【投稿論文】
    • 『源氏物語』帚木巻試論―光源氏は「なよ竹」を折ったか―岡田貴憲
    • 『源氏物語』手習巻の読者意識 / 贄裕子
    • 『発心和歌集』選子内親王作者説存疑 / 久保木秀夫

中古文学会事務局

〒150‐8440
東京都渋谷区東4−10−28
國學院大學若木タワー1012(秋澤)研究室内
中古文学会事務局
e-mail:こちらへ
Fax:03‐5466‐4814

(投稿論文宛先)
〒150‐8440
東京都渋谷区東4−10−28
國學院大學若木タワー1012(秋澤)研究室内
中古文学会事務局
e-mail:こちらへ
Fax:03‐5466‐4814